一覧に戻る

大々的に提唱された「プレミアムフライデー」、今はどうなってる?

覚えてますか?

 

平成29(2017)年2月24日(金)より実施された『プレミアムフライデー』

毎月末金曜日に、普段よりもプレミアムな生活を推奨!!

 

『プレミアムフライデー』

個人消費喚起キャンペーン

 

午後3時に仕事を終え、夕方を「買い物」や「旅行」などに充てることを推奨してたんですよね。

 

経済産業省によると、「個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間を創出することで、以下のような効果を得ることが出来る」ということのようです。

 

○充実感・満足感を実感できる生活スタイル変革。

○地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成。

○デフレ的傾向を変えるきっかけ。

 


 

さて、白鳥町での現状はどうなっているでしょうか???

 

結果をいえば、『いつもの金曜日』ということが言えるのではないでしょうか。

これが白鳥町に何十年と住む私の正直なところの感想であり実感です。

 

原因と思われる1つに『業種』の問題がありそうです。

白鳥町には建設業を生業としている人が結構多いのです。

ということは、どうしてもスケジュールが天候に左右されやすい。

雨などによる少しの段取りの狂いが、後々の行程計画に大きく左右

していくということなんです。

ある程度の工事が終了するまでやっておかないと大変なことになります。

例えば、去年のような長雨や台風などの天災が起きたりする可能性だってあります。

なかなか「月末の金曜日に・・」といっていられない現実もあるようです。

 

 

 

 

あれから2年になろうとしていますが、

残念ながら「普段よりプレミアムな生活」という素敵な制度にはならなかったようです。

最近では「プレミアムフライデー」というフレーズさえ聞きません。

 

今更ですが、あのとき感じた「ワクワク感」は何だったのだろう。そう思います。